金運

癖のあるパワーストーンとは

人間関係にも少し癖のある人がいるように、パワーストーンの中にも癖のある石というものが存在します。
癖のある石、ない石の簡単な見分け方は主に石の持つ色。
濃く強い色を持った石は癖のあるものが多く、逆に淡くソフトな色合いの石は癖のない石が多いのです。

パワーストーンの色とその石が持つ性質の癖には、色という要素が強く関わっているのです。
癖の強い石として代表的なものは、リビアングラス、モルダバイト、アジュライト、モリオン、アンモライトなど。
宝石と身につける分には問題がなくとも、パワーストーンとしての癖が強い石には、ルビーやダイヤモンドがあります。

特にダイヤモンドは美しく魅力的な分だけ、癖も力もとにかく強いパワーストーン。
最強とされる力を持ちますが、相性のいいパートナーにするには根気と覚悟が必要です。
しかし、癖が強いとは言っても身構える程のものではなく、ただ少し気難しい所がある、という程度に考えた方が良いでしょう。

絶対的に相容れないものというパワーストーンはありません。
癖の強い石は、その癖の分だけとても魅力的です。
例えばパワーストーン選びに大切なものは直感ですが、多少の違和感があるのにとても強く惹き付けられる石というものは、石の癖が強いけれどあなたとの相性がいいという可能性もあります。
癖が強いという事は、裏返すと相性が合えばとても強い力になってくれるという事なのです。


このページの先頭へ