金運

パワーストーンの分類の仕方

パワーストーンは、それぞれの石が持つ力により幾つかに分類する事が出来ます。
自然界から作り上げられたエネルギーが長い時間をかけて結晶として石の中に溜め込まれたものがパワーストーンの力であり、どういった力が込められたのかにより分類されます。
パワーストーンの分類とは、火属性、水属性、風属性、土属性、金属性、そして幾つかの属性を併せ持つ複合型、更に生命力や引力という変わった力を持つ特殊型と、合計で7つの種類に分けられます。

どの石がどの属性なのか簡単に見分ける方法として、まずその石の色があげられます。
赤い色をした石、ルビーやローズクォーツなどは火の属性のパワーストーンといったように、水色や青色を持つアクアマリンやブルートパーズは水の属性のパワーストーン、金色や黄色を持つアンバーやシトリンは金の属性のパワーストーン、茶色や黒の色を持つオニキスや黒水晶は土の属性のパワーストーン、緑色や白の色を持つムーンストーンやモルダバイトは風の属性を持つパワーストーンです。
複合属性のパワーストーンは虹色や複数の色を持つものが多く、アンモライトやオーロラ水晶などがあります。
特殊属性のパワーストーンは色彩もまた独特なものが多く、隕石(メテオライト)やポージーストーンなどがあります。

このページの先頭へ